その他
自分が男性脳か女性脳かを知りたいときは指の長さを比べよう 暮らしに活かせるメンタリズム
2016.2.16

 私たちの脳は、男性脳と女性脳の2種にわかれる。
 一般的に男性脳の持ち主は論理でものを考え、逆に女性脳は直感的に感情を理解しやすい。
 
 他にも、男性脳はストレスに弱い、地図を読むのが上手い、数学的思考に強いといった特徴を持つ一方、女性脳は空間の把握がヘタ、鬱病にかかりにくい、言語能力が高いなどのさまざまな違いが見られる。
 
 もっとも、この男性脳・女性脳の区別は便宜的にわけたものなので、女性でも男性脳を持つ人はいるし、逆に女性脳を持った男性も少なくない。 

 ここでは、簡単に自分がどちらのタイプの脳を持っているかを、簡単に見わける方法を紹介しよう。

 自分が男性脳か女性脳かを知りたいときは、人差し指と薬指の長さを比べてみればいい。
 人差し指よりも薬指が2ミリ以上長ければ男性脳。逆に薬指よりも人差し指が2 ミリ以上長ければ女性脳だ。

ゆび
 
 薬指は男性ホルモンの濃さを計る目印になっており、男性ホルモンが濃ければ、当然脳のタイプも男性に近くなるわけだ。
 
 ちなみに薬指に関する研究は多く、薬指が長い男性は、スリルを求める傾向が強く、セクシーな女性に弱いイケメンが多いことが判明している。
 
 また、人差し指と薬指の長さがほぼ同じ場合は、感情をあまり表にださない情熱家で、好き嫌いが激しく独占欲が強い性格の持ち主が多かったそうだ。

 

 

 

この記事は『暮らしに活かせるメンタリズム[Kindle版]』に掲載されております。

他の裏技をご覧になりたい方は、下記リンクよりアマゾンでお求めください。

メンタリズム表紙

 

人気ランキング
最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス