テクニック
ぽちゃねるとんには攻略法があります デブ女を秒速でオトす “近未来”を全肯定する一言
2016.1.31

 以前の裏モノJAPANで『ぽちゃねるとん』のルポが掲載されていたが、リポーター鈴木君のていたらくには落胆させられた。
 というのもこのオレ、これまで何度かぽちゃねるとんに参加し、5回以上即マンに至っているからだ。
 デブ女の攻略には、ちょっとしたコツがある。
 あそこに集まる女たちが決まって言うセリフがある。
「私太ってるのに、ホントにいいんですか〜?」
 実は、このセリフにどう答えられるかが、勝負を決める鍵なのだ。
 おそらく、大半の男が答えるセリフはこんな感じだろう。
「その太ってるのがまたいいんだよ」
 違う。これ、実は間違った返答なのである。
 解説は後に記すとして、正しい答えはこれだ。
「全然。むしろ、もうちょっと太ってくれると嬉しいんだけど」
 デブという生き物は、現時点が体重MAXだとは思っていない。

 このまま怠惰な生活を続ければもっと太るであろうと予期している。つまり「今の体型が好きだ」と言われるだけでは不安が残るのだ。
 そこで「もっと太ってほしい」の言葉が有効となる。

 そっか、私このまま好きなもの食べながら生きていてもいいんだ、と安心するのである。
 この「むしろ、もっと○○の方がいいよ」論法は、女が抱える他のコンプレックスでは使えない。背が小さくて悩む子、ブスで悩む子などは、それ以上ひどくなるなんて予期していないからだ。

 まさにデブのみに通用するセリフなのだ。

 ぽちゃねるとんのような場に限らず、合コンからナンパまであらゆるデブ女を口説く場面で使える「もっと太ってほしいな」戦法、鈴木君にぜひ使ってほしい。

 

 

 

 

エロ朗報!

裏モノJAPANの大人気企画『おじゃマン』女の子のインタビュー動画がサービスで見れちゃう!

オンライン書店のFUJISANマガジンサービスよりご注文受付中です♪

※動画は1月24日発売の2016年3月号から

FUJISANおまけ動画

 

 

 

本稿は裏モノJAPAN2014年1月号に掲載された記事をWeb版に再編集したものです。

他の記事をご覧になりたい方はアマゾンKindle版での購読をよろしくお願いします。

裏モノJAPAN201401

 

 

モアグループ
人気ランキング
最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス