アンダーグラウンド
ヤフオク詐欺に引っかかった? 出品者の自宅を訪ねたら若い女がグッタリ倒れていて……
2016.1.24

 昨年、ヤフオクでブランド物のバッグを4万で落札した。彼女の誕生日プレゼントとして選んだものなのだが、そこで予期せぬハプニングが。
 出品者に代金を振り込んでから、連絡が取れなくなってしまったのだ。電話をかけても応答せず、肝心のバッグも一向に送られてくる気配がない。うーむ、これってもしや詐欺られた?

 

自力で金を取り返してやろう

 ひとつ解せないのは、事前のやり取りの段階で出品者が伝えてきた氏名(女、仮にA子とする)、住所(静岡県某市のアパート)がデタラメではなさそうな点だ。

 A子の名前で検索をかけてみると、フェイスブックとツイッターで同一の若い女がヒットするし、居住エリアも静岡となっている。またアパート名で検索すれば、ネットに表示される住所は彼女が教えてきたものとまったく同じだ。
 何者かが無関係の人物A子に濡れ衣を着せようとしてのことなのか、あるいはA子がサギ犯そのものなのか(だとしたらアホ丸出しだが)。
 いずれにせよ、4万もの大金を払って商品が届かない以上、黙って指をくわえているわけにはいかない。入金から10日後、俺は警察に駆け込んだ。しかし、
「この時点で詐欺とは断定できないと思うな。そのA子さんって人にも品物を送る意志があるかも知れないから、もうちょっと待ってみれば?」

  まるで相手にされなかった。そんなしょぼい事件じゃ動きたくないとでも言わんばかりの横柄な態度だ。これが詐欺じゃないなら何だっていうんだ!
 まったくあきれ果てるばかりだが、警察が頼りにならないのなら仕方ない。自力で金を取り返してやろうじゃないか。

 

玄関から覗いた先には……

 怒りにまかせて車を飛ばすこと数時間、A子の自宅とされる静岡県のアパート前に到着した。そーっと部屋に近づき、ドアをノックしてみる。
 返事はない。が、中からコトリとかすかな物音が。ほほう、居留守ですか?
 けっ、ナメくさりやがって。
 いったん車に戻った俺は、A子の部屋が見渡せる位置に駐車し直し、長期戦を覚悟した。女が部屋から出てくるまで何時間でも粘ってやる。
 それから3、4時間後、辺りがすっかり暗くなったころ、突然、部屋のドアが開いた。中から出てきたのは30前後のやせた男だ。…誰だ、あいつ?
「ちょっとアンタ!」
 俺は男の前に詰め寄っていた。冷静に考えれば事件と無関係な人物の可能性もあったのに、よほど頭に血が上っていたのだろう。
 早口で来意を告げた俺は続けてまくしたてた。
「A子出せよ。どこにいるんだ? モタモタしてっと警察を呼ぶぞ、サギ師野郎!」
「け、警察? 何なんだよテメーは~~! おい~~!」
 突然パニック状態となり、絶叫する男。そのあまりにも凶悪な顔つきに一瞬ひるむと、そのスキに男はすばやく走り去った。
 なかば呆然としつつ部屋のドアノブを回してみた。カギはかかっておらず、玄関から覗いた先には、ソファの上でグッタリした若い女の姿が。虚ろな表情でこちらにふらふらと手を振る様は、どこかラリっているようにも見えた。
      

 
 事態の全容が明らかになったのは、俺の通報で警察がかけつけ、彼女=A子が病院に運び込まれてから間もなくのことだ。
 病院で面会したA子の両親によると、あの時、彼女は同棲中の彼氏(逃げた男)にアパート内で監禁されていたらしい。
 発端はA子が切り出した別れ話で、それに納得のいかなかった男が彼女をクスリ漬けにしていたというのだからタマげるやら空恐ろしいやら。男は薬局に勤める薬剤師で、その立場を悪用して大量の向精神薬を所持していたのだ。
 結局、男は一時、警察で事情を聞かれたものの、嫌疑不十分で釈放されたようだ。クスリ漬けとはいえ、非合法の薬物が用いられていなかったこと、以前からA子がラリる目的で男と一緒にクスリを常用していたことなどから、そのような判断になったらしい。
 ともあれ、ヤフオクの落札が決まったタイミングで監禁が始まったのは不幸中の幸いだろう。でなければ事態はもっと深刻なものになっていた可能性もあるのだから。
 そして何よりこの事件は俺に幸運をもたらした。A子の両親のはからいで、例の4万のバッグがタダになったばかりか、娘をロクデナシから救ってくれた謝礼として10万もいただいたのだ。

 

 

 

エロ朗報!

裏モノJAPANの大人気企画『おじゃマン』女の子のインタビュー動画がサービスで見れちゃう!

オンライン書店FUJISANマガジンサービスよりご注文受付中です♪

※動画は1月24日発売の2016年3月号から

FUJISANおまけ動画

 

 

 

本稿は裏モノJAPAN2016年2月号に掲載された記事をWeb版に再編集したものです。

他の記事をご覧になりたい方はアマゾンKindle版での購読をよろしくお願いします。

201602

 

 

 

 

モアグループ
人気ランキング
最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス