テクニック
私が長きの歳月をかけて考案した格別なセクハラ数案を紹介します
2016.1.22

 私の趣味は街中でのセクハラプレイです。昔から性欲が強かったせいか、街で出会った女性たちに色々とエッチなイタズラを仕掛け、彼女たちの反応をズリネタにしてきました。

 普段から楽しんでいる私のセクハラプレイをご紹介したいと思います。

 

チラシをもらうときの手の形は

 軽めのものから参りましょう。
 まず路上で手を大きめに振って歩いてる女性を見つけます。歩くスピードは遅い方がベターです。
 本人に気付かれぬよう真後ろから素早く近づき、歩幅を合わせてさらに距離を縮めます。女性の手が後ろに大きく振られるタイミングを見計らって最接近し、腰を前に突き出せば女性の手が股間をヒットします。
 
 その瞬間「痛っ!」と大げさに声を上げれば、女性は「あ、あ、すみません!」などと謝りながら何とも言えない気まずい表情に。それがぶつかった手の感触と合わさって最高のズリネタになるわけです。
 ではこの調子で次に参ります。
 街中でよく見かけるビラ配りのお姉さんたち。彼女らもセクハラ対象です。
 勝負は一瞬。チラシ配りでもティッシュ配りでも構いません。タイプの女子を見つけたら、近づきながら素早く右手の中指と人差し指の間から親指を出してオメコサインを作ります。その親指で女の子が差し出したチラシを挟んでやるのです。彼女たちが見せる一瞬のギョッとした表情がのちのズリネタになってくれます。

 

クリーニング屋は必ずポケットを確認する

 続いてコンビニです。女子大に隣接するコンビニは、平日のお昼時ともなると女学生たちでごった返すので、店内で眺めているだけでも十分満足できます。が、セクハラするなら弁当が置かれた冷蔵棚がベストでしょう。
 女子大生の皆さんがギュウギュウになりながら思い思いの弁当に手を伸ばす夢のような空間で、私は弁当選びに時間がかかるフリをして居座り続け、そのときを待ちます。
 これぞという女子が現われたら、腰を屈めた女子大生のお尻に弁当を取る振りをして顔をぶつけます。ムニュっと。
「あ、すみません…」
 と言いつつ腕を弁当の方に伸ばしていれば、文句を言われる心配もありません。ただし顔を押しつけるのは片尻のみ。欲張って両尻狙いで割れ目に顔を突っ込むと、悲鳴を上げられて大変なことになります。
 クリーニング屋に汚れものを持っていくときは、若い女の子がいる大手のチェーン店を選びます。
 あらかじめ自宅でオナニーして、スラックスのポケットの中に精子をぶっ放しておきます。クリーニング屋はポケットに必ず手を入れて確認するので、女の子の手に精子を付けることができるのです。

 

千円カットの店にも思わぬチャンスが

 月一回の散髪もセクハラチャンスです。
 本来は美容院の美人スタッフを狙いたいところですが、お洒落な店はお金がかかってしかたありません。近ごろ女性スタッフが増えている千円カットのお店で十分です。
 300円程度の指名料を払って女性スタッフを選んだら、席に付いてカット開始。普通に髪の毛を切ってもらいます。
 サイドを切ってるときは女性との距離が離れすぎているので、頭頂部付近にくるまで待ち続けます。頭頂部を切り始めたら、女性の腋が上がった瞬間を狙って顔を向け思い切り息を吸い込み「ああ、いい匂い」と聞こえるように呟きます。
 大抵は無視されますが、時には笑顔で応えてくれたり、眉間に皺を寄せることもあります。最高のズリネタです。
 宝クジ売り場も格好のセクハラスポットになります。
 チャンスは当選番号確認です。あらかじめ10枚綴りの束のビニール袋の中にコンドーム(新品)を入れておき窓口に出します。
 ほとんどの女性スタッフが袋から落ちたコンドームを見て「あっ!」と声を上げて動きを止めるので「ああ、ゴメンゴメン」と言えば照れ笑いが返ってきます。若い女性のときは凍り付いたように動かなくなる子も。コンドームを手渡ししてくれるときのなんとも言えない表情に興奮しまくりです。
 ご清聴ありがとうございました。

 

 

本稿は裏モノJAPAN2014年1月号に掲載された記事をWeb版に再編集したものです。

他の記事をご覧になりたい方はアマゾンKindle版での購読をよろしくお願いします。

裏モノJAPAN201401

 

 

 

エロ朗報!

裏モノJAPANの大人気企画『おじゃマン』女の子のインタビュー動画がサービスで見れちゃう!

オンライン書店のFUJISANマガジンサービスよりご注文受付中です♪

※動画は1月24日発売の2016年3月号から

FUJISANおまけ動画

 

 

モアグループ
人気ランキング
最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス