テクニック
チケット転売はもう古い!? 有名ミュージシャンのライブは”宿泊権”転売の方が簡単・確実!
2015.12.23

チケットシルエット 転売を副業にしている俺にとって、AKBや嵐、EXILEにGLAYといった超人気ミュージシャンのライブチケットはかつておいしいネタだった。

 

 ところが最近は、主催者側が転売防止策を打ち出すようになったため、いろいろと状況が難しくなってきている。

 

 そこで俺があらたに目をつけたのが、ホテルの「宿泊権」だ。

 

 前記のミュージシャンが地方(東京・大阪以外)でライブを行う場合、必ずと言っていいほどある現象が起きる。会場周辺のホテル部屋数が不足し、寝床を確保できない遠征組が続出するのだ。

 

 つまり、そういう連中の足下を見る形で、あらかじめ押さえておいた部屋の宿泊権を売りつけようというわけだ。

 

 おまけに宿泊権の転売は、ライブチケットのソレに比べ、はるかに労力が少ない。

 

 なぜならこういったライブの場合、日程の公表日からチケットの販売開始までに2週間から1カ月ほどのタイムラグがあるからだ。

 

 そしてライブ希望客は、チケット入手に成功してはじめて宿探しを始める連中が大半なので、ほとんど競争もなく部屋を確保できるのだ。

 

 肝心の転売価格は、実際の宿泊料金のせいぜい2倍くらいだが、確保する部屋数を増やせばその分だけ儲けも大きくなるし、万が一、売れ残った部屋が出ても(滅多にないが)キャンセルすればこちらの損はない。

 

 まさにウハウハの手法だ。

 

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス