テクニック
最強〝ネカマナンパ術〟教えます 『カレ、すごく優しい人だよ (*^^)v』 オンナになりきり自分を褒める
2015.12.5

PCいじる男

 ネットオカマ、通称ネカマ。

 

 ネットの中で女を演じる男のことだが、これを出会い系のナンパに使う輩がいることは、皆さんご存じのはずだ。

 

 すなわち、女性同士として相手を油断させ、いざアポの段階で何らかの理由を付け、男である自分が会いにいくという手口である。

 

 そんな子供だましの方法が通用すわるワケがない。相手の女性が不審がるに決まっているではないか。大半の方は、そう思われるに違いない。

 

 が、実は私、このネカマ作戦を駆使し、最近2カ月で30人もの女性をゲットしてしまった。我が愛読誌、裏モノJAPANの読者様のため、今回はそのノウハウを伝授したい。

 

 まず自分が演じる女性専用の携帯を1台用意すること。契約の際は、後々の頻繁なメールのやり取りを考え パケ放題 に申し込んでおくのがいい。

 

 アドレスにも注意を払い、「love.Letter.dear@〜」「pure-hert@〜」など、いかにも女の子が連想しそうなメアドを付けることを勧める。

 

 下準備が整ったところで、さっそく出会い系の掲示板から女性の書き込みを物色していく。

 

 

 こちらも女性。男のときは無視していた『暇してるからメールしようよ』『女友達募集中。男はウザイのでメールいりません』など女性限定募集の書き込みにも十分対応できる。

 

 ファーストメールの内容は相手女性の年齢やキャラによって変わるが、ギャル好きの私の場合は、やはり同年代の女を演じ、相手の懐に入ることを第一と考えている。

 

 参考までに、最近私が実際に使ったメールがこちら。

 

『あそびたぃー(。^*) ☆★19さぃ汚ネギャルだょ☆シャメみたぃな♪』

 

 やり取りにはいわゆる ギャル文字 を駆使しなくてはならないので、前もってギャル文字専門サイトなどから定型文を探し出し、自分の携帯にプリセットしておくと便利。また、語尾の「わ」や「よ」を小文字にするなど、女の文面の特徴を盗んでおきたい。

 

 相手から返信がきたら、お次は顔写メの入手に入る。

 

『ねぇねぇ〜(^^)/シャメ交しなぃ?』
『昨日ね美容院行ってかなりイメチェン♪したから写メ送るね(^^)v』

 

 経験則で言えば、先にこちらの顔写メを送りつけてしまう方が、圧倒的にリターン率が高まる。むろん、自分が送る写真は見知らぬ他人のソレ。あらかじめ写メ画像サイトなどから、使えそうな女の子の自家撮り顔写メ(エロ写メはダメ)を何パターンかダウンロードしておけばいいだろう。

 

 相手が好みなら、次は情報の入手。この際は、最初「私はこうだけど、あなたはどうなの?」というスタンスでメールを送ろう。写メ交換と同じく、ここでも先手で攻めるべし。

 

 私はいつも 彼氏はいるがセフレもいて悩んでいる女の子 を演じ、話を進めていく。

 

『写メカワィィネ☆(*^_・)カレシいるでしょ??私はそれっぽぃのゎいるんだけどぉ(^^ 』
『カレシいるのぉ?ワタシゎ今いないんだぁ(-x-〃))』

 

 ここで相手に彼氏がいることがわかれば、その場で切り捨てるまでだ。この他、どれくらいオ股が緩い女かも事前に知っておきたい。

 

『Hゎすき?結構燃える方?』
『○○ってデカチンゎどう?ウチゎデカチン好きなんだぁ(*^^)v』
『恋愛感情ないのにエッチだけしたいと思ったことある?』
『40才ぐらいの男でもエッチがよければ燃えるのかなぁ?』

 

 男がこんなエロい質問をしたらソッコー引かれるが、女同士なら何も遠慮はいらない。おおよそ、相手のことがわかった辺りで 私の男友達 として、自分を登場させる。

 

『ウチの男ダチのシャメみるぅ?(^□^*)☆*〜 』
『男ダチ紹介しよぉか?かっこいぃの多いょ(^^)v』

 

 相手が乗ってきたら、写真を送信。私の場合、リアリティを出すため、自分を含めた複数人の男の写メ(ネカマになって男を募集すればいくらでも手に入る)を送るのが常套手段だ。

 

 むろん、その中で 自分 を選ばせるような工夫は施さなければならない。

 

『彼氏も好きだけど、実はこの人(自分)のことも気に入っているんだ(*^^)v○○ちゃんになら紹介してもいいよぉ♪すごく優しい人だし、彼女欲しいって言ってたしぃ☆♪』

 

 これでほぼ100%、相手は「自分」を選ぶ。他にルックスのいい男がいようが、関係ない。相手のコはこう考えるのだ。女友達がそこまで褒めるなら会ってみようかな第3者の立場から自分自身を褒めちぎれるのも、この作戦の大きな利点だ。相手がその気になれば、あとはもう簡単だ。

 

『カレに○○(相手)のメアド教えていい?メール行くと思うよ♪』

 

 で、普通にメールナンパを仕掛ければいい。

 

『○○ちゃんからの紹介でメールもらった圭です。よろしくね!』

 

 自分はすでに 優しくてカッコイイ男 という刷り込みができている。そこで押すもよし。また、事前にどんな男がタイプか聞いておき、そのキャラを演じるもよし。いぜれにせよ、こんな好都合な状況はないのである。

 

 ちなみに、万が一、なかなか会えない場合は、改めてネカマに戻ってプッシュすればいい。

 

『カレに会った?早くしないと彼女できちゃうかもよ』

 

 間違いなく、相手は焦る。会ってからホテルに持ち込むまでは、私がとやかく言う話ではない。皆さん、一度お試しあれ。

 

人気ランキング
最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス