グッズ
ラブホやマン喫でエロ会話を盗み聞く!コンクリートマイクで妄想する壁の向こう側(前編)
2015.11.24

盗み聞き

 夜中、壁の向こう側からほんのかすかに聞こえてくる話し声。いったい何をしゃべってるんだろうか。そもそも話しているのは男か、あるいは女か。壁に耳を当ててみると、やがて聞こえてきたのは、「アッ、ア」という悩ましげなアエギ声・・・。安アパート暮らしの経験者なら誰しも心当たりがあるはずだ。

 

 人のヒミツを知りたい。誰もが持っている欲望である。中でも密室における男女の会話は、外の人間には聞かれないことを前提としているわけで、思わぬ本音&生々しいトークのはず。音声を聞くだけでも興奮できるはずだ。

 

 そうした妄想族な方々の好奇心を満たすべく発明されたのがコンクリートマイクである。壁にコイツを当てるだけで向こう側の音をキャッチできるというシロモノだ(ただし、部屋に響く振動を利用しているため、ヒソヒソ声は拾いにくく、鉄筋など硬めの材質が使われた部屋は聞こえやすい)。このグッズ、秋葉原に行けば、カンタンに手に入る。

 

 今回は最新のコンクリートマイク、SUN─MECHATRONICS社製のSWK─300(店頭価格3万円)を使い、気になる密室の会話を拾いまくってみた。

 

 

 最初のターゲットは、ラブホの代用施設と言ってもいいだろう、マンガ喫茶のカップルシート。

 

 マンガ棚をうろちょろすると、ときどきその方面からボソボソ声が聞こえてくるものだが、なかなか内容までは把握できない。どうせエロいことしてるに決まってるのに。

 

 ぜひとも聞きたい。あいつらが何をしゃべっているのか。上手くいけばアエギ声のひとつやふたつ収集できるはずだ。

 

 

 コンクリマイクを使うには通路からではさすがに厳しく、隣のカップル席に入るしかない。1人で入店してカップル席を希望するという不審な行動をとること数軒、ヒソヒソ声ばかりでなかなか満足な成果が上がらない中、ようやくソレっぽい音声が収録できた。早速、ご報告しよう。

 

 

男 なんか狭くね? ここ。
女 そーかなぁ。
男 こないだの…(聞き取り不能)の方がゼッテー広かったって。
女 ……何とか? わかんない。(しばらく無言で、カチッ、カチッというクリック音のみ)

男 O(オー)でしょ、んでみずがめ座、右利き、んで……。
女 エエー。なにこれ。フェチ占いって書いてある。
男 超ドエマー……で、……騎乗が…だって。
女 ドエマー(笑)。
男 したことねーなぁ。
女 浮気の……は、大きなアエギ声まで出してしまいます…。ハハ、ウケる。
(占いサイトでも見ている模様)

男 オマエの入れてやるよ。なんだっけ。
女 ふたご座、右利き……。
男 んで?
女 ヘビ、イヌ。
男 ヘビ! イヌ!
ウィッ(カチッとクリック音)。
女 え、え、なになに。
男 ヒェヒェッ! アナル……。
(アナル? 聞き違いか?)

男 ……飲み会っていつだったっけ。
女 ……。
男 あれ、今日じゃなかった?
女 明日だよ。さっき言ったじゃん。バッカじゃないの。
男 ………テツ何やってるか聞いといて。ケータイつながんねぇからさ。

女 飯島愛って死んじゃったの?
男 しらね。家ってあそこなんだよね。ほら、ユウジの………あったじゃん。あそこのすぐ近く。
女 あー渋谷のあそこ?
男 ちょっと坂っぽくなってたとこあったじゃん。
女 わかるわかる。
男 あのでっかいビルだって。ウッチーが言ってた。
女 へぇー。

(無言の後、ガサガサと衣擦れの音)
男 外しちゃえば?
女 ……。
男 おしぼり、あったよな。
女 あった。確か。
男 拭いちゃおうか。
女 いいよ別に。
男 ……くる。
(ガチャとドアが開くと、男が出て行き、すぐに部屋に戻ってくる)
女 2個ある? 貸して。

男 ……。
女 ……。
(しばらく無音。フェラチオでもしているのか?)

男 フフ。……腹減ってきた。
女 さっき食ったじゃん。
男 なんか買ってきて……。
女 ラーメンやだ。
男 ヤベ。すんげえ……がする。
女 食ってばっかじゃん。
男 あと何分だっけ。いくべいくべ。
(ドアが開いて部屋から出て行く音)

 天井が各部屋吹き抜けになっているので完全な密室にはなっておらず、会話のボリュームは絞り気味だ。

 

 おそらく手コキかフェラのどちらかはチャレンジしたようだ。残念ながらクチュクチュ音までは聞こえなかったが。

 

 彼らが部屋を出た後で男女の顔を確認したところ、男は内村光良似、女はだいたひかる似の、20代前半とおぼしきサエないカップルだった。こんなヤツらでもやることはやっているのだ。くそ。

 

 盗聴の王道といえば何と言ってもラブホテルである。

 ラブホの隣室から聞こえてくるのはアエギ声に決まってるのだが、実は会話も聞きモノ。男と女がハダカになれば、自然と交わされるハナシも限りなくリアルでエゲツないものになってくるものだ。選んだのは東京・新大久保のホテル街にあるやや古びたラブホ。

 

 部屋に入って30分ほどで、隣に一組のカップルが入室してきた。なぜか2人共に関西弁で、女の声が大きい。どうやらオッサンと若い女のようだが…。

 

 

女 めっちゃ寒いなー、耐えられへんってー。
男 寒いなー。
女 ごめんなー、時間なくってー。
男 ……(聞き取り不能)ない? 風呂は?
女 今入れた。自分、めっちゃ若いなー。(そうとうキツイ関西弁だ)

男 ホンマに? 後で払うんちゃうの?
女 先やで。
男 ……。
女 ……な若い人ならいいけどさー、50ぐらいのオジサンはねぇ。お金に困って、自分でもらえるんやったら……やと、思うやんかー、借金があるんよ。…ウチのツレしかありえへんやん。車上荒らしに合って……おかしいやろ。(エンコーか?)

女 ごめんなー時間なくってー。あとどれぐらいあるの? あ、ヤバいで。
男 何時まで大丈夫なん?
女 9時ぐらい。
男 えー!? ヤバいって! ヤバすぎ!
女 ホンマにヤバいやろ。さっきまで横浜におったんよ。(しばらく無音)
 
女 えー! それナシ、駄目。
男 ……。(しばらく無音)
女 あーこれ嫌、痛い
女 えー!? なんで、絶対ダメ。
(ときおり、女の声だけが聞こえる)
女 いいの? 血出てるかもしれんよ?
男 大丈夫。早く早く。(クンニか、シックスナインの要求だと思われる)

男 ……くらい仕事してんの?
女 どうやろ、3、4人ぐらい。結構出てる方かも。
男 前会った男は何歳ぐらいやったの?
女 48って言ってたかな。
男 48?
女 耐えられへんかったわ。(しばらく無音)
女 アッ、アッ、めっちゃ気持ちイイ。(しばらく無音)

女 ダメダメ。苦手なんよ。空気入るから……へんて。嫌だー! 嫌だ嫌だ、何で、もう!
男 えー?
女 じゃ、立ちバックで。
男 立ちバック?
女 立ちながらやるやつ。
男 ………の?(しばらく無音)

女 ア!? アッ、アッ。
男 ……ようか?
女 嫌だって、何で開けんのぉ?(しばらく無音)
女 ああ、ダメー! もう早くイッて。

女 お疲れ。
男 ハハッ。
女 何で笑ってんのぉ。
男 いや恥ずかしいから。
女 あー、ホンマにしんどい。(風呂場のドアの閉まる音)

男 ……なの? なんか鳴ってたけど。
女 鳴ってたな。
男 1日いれるはずだったんだよ。
女 なに言うてんのー。そんなの知らんて。
男 ……が朝までごゆっくりご堪能くださいって……。

男 よし、行こうか。
女 大丈夫。

 

 ホテトル嬢か、あるいはテレクラのエンコー娘か。いずれにせよ明らかにワケありな二人である。

 

 それも、イヤらしいというよりはカネで割り切った関係ゆえの悲哀感やマヌケ感がそこはかとなく漂ってきて、可笑しくもどこか切ない印象は拭えない。他人行儀というか、このよそよそしさがまたリアルなんだよな。

 

 

 割り切りカップルの笑える会話もいいけれど、やはり聞いてみたいのは恋人たちの濃厚な情事。が、しかし。試してみるとこれがなかなかクリアにキャッチできない。

 

 割り切り組がなんとか会話で間を持たせようとする傾向が強いのに対し、気心知れた仲の恋人たちは会話も少なく、ボソボソとしかしゃべらないのである。

 

 それでも粘ってみると、それっぽい会話が聞こえてきた。声の調子、会話のノリからいって20代だ。フレッシュなエッチ、いっちょ聞かせてくれまへんか?

 

 

 後半はコチラ

人気ランキング
最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス