スポット
待合い室ファックに、屋上レイプ!客の変態願望を叶えてくれるソープ吉原「L」の過激過ぎる中身
2015.11.21

びっくりするリーマン

 岐阜・金津園の『E屋』、熊本の『B・C』等、これまで裏モノでは何度か、超名店と呼ばれるソープランドが紹介されてきた。

 

 が、世の中にはまだまだある。恐らくやプレイの過激さでは日本一。俺が先日、遊びに出かけた東京・吉原のソープは、どんな願望でも叶えてくれる変態御用達の店だった。

 

三輪車に通路で一発、さらには生でアナルファックまで!?

 

 今夏、大手掲示板サイトでソープランドの情報を隈無く探していたところ、吉原の『L』という店のスレッドに気になる書き込みを見つけた。

 

『金はかかるが三輪車(4P)ができる』
『通路で一発やった。他の客に見られてちょっとハズかしかったけど』
『嬢とAF(アナルファック)した。もちろん中出し』

 

 通常、ソープランドというのは、風呂付きの個室で、マットプレイや潜望鏡などを堪能した後に本番、というのが定番である。AFや三輪車はまだしも、通路で一発やるなど常識ではありえない。

 

 他の客に見られていた? ウソつけよ。ツッコミつつも、どうにも気になり、店に問い合わせたところ、

 

 「当店ではできる限りお客様のご要望を叶えさせていただきます。どんなプレイをお望みですか?」

 

 驚いた。何でも、Lは事前に客のリクエストを聞き、そのイメージに合った変態プレイを売りにしているらしい。あまりにムチャな注文でなけば、大半の願望は叶えてくれるという。

 

 店員曰く、通路やエレベータでのセックス、電マや拘束プレイ、放尿や顔射もOKとのこと。まったく、なんちゅう店やねん。

 

 「もちろん、潜望鏡やマットプレイなど、通常のプレイも楽しめます。時間内でしたら3回戦を保証しますので。来られるときは、お近くの駅までお迎えに上がります。ご予約されますか?」

 

 料金は総額で7万円。超高級店並だが、そのぶん、VIP感覚が味わえるに違いない。俺、予約します!

 

泡姫はみな30才以下 チラホラ外れも交じっているが

 

 3時間後、JR鴬谷駅に迎えにきたのはオデッセイだった。ベントレーあたりが送迎車と思っていだけに、ちょっくら肩すかしだ。

 

 車に揺られること数十分。店は、少々寂れた地上4階建て、吉原では中級店といった趣である。

 

 「いらっしゃいませ」

 

 高圧的でなく、かと言って馴れ馴れしくもない、スーツ姿の初老が出迎えてくれた。俺的には好印象だ。平らなソファが8つ並んだ、さほど豪華ではない待合室へ通され、着席するや、初老店員がうやうやしく跪いた。

 

 「こちらが本日出勤の女のコでございます」

 

 アルバムで出勤嬢を確認。泡姫はみな30才以下と思われ、チラホラ外れも交じっているが、レベルは総じて高い。

 

 しかし、本日は好みの泡姫とのプレイが目的ではない。あくまで自分の中にある変態的な願望(=露出&レイプ)を叶えることが重要なのだ。

 

 俺は正直に言った。

 

「屋上でのNS(生中出し)が希望です。あとはその場のノリで決めるので、とにかくワガママを聞いてくれるコで」
「かしこまりました」

 

 店員が選んだのは、少々、地味な顔立ちの26才のA嬢だ。何でも彼女は生粋のM女で、どんなプレイでもOKらしい。

 

 ただ、プレイは、7万円の通常コースではなく、VIPコース(総額9万円)を勧められた。屋上プレイを楽しむには、2万の上乗せが必要らしい。

 

 ケチっても仕方ない。俺はキャッシュで9万円を払い、先ほどより一回り小さい個室の待合室へ移動した。

 

移動の間、A嬢はチンポをくわえっぱなし……

 

  「本日は宜しくお願いします」

 

 10分後、目の前にドレス姿の泡姫A嬢が膝まずいた。多少写真とは違うが、見た目は悪くない。

 

「お任せいただいてもいいですか?」
「え? うん、いいけど」

 

 答えた途端、いきなりジッパーを下ろしパクリ。続いて

 

 「上になってもいいですか?」

 

 まさかの待合室での座位ドッキングである。単なるA嬢のキマグレではない。これがVIPコースの流儀らしい。

 

 呆気にとられつつも、一回戦(生中出し)を終えた後、エレベータで屋上へ。ちなみに、移動の間、A嬢はチンポをくわえっぱなしである。

 

 屋上は25メートルプール二つぶん程度のスペースで、周囲を柵で囲まれていた。両側は似たようなビルがあるものの、前方に視界を遮るものはない。で、これからどうしたら?

 

「好きにしていいですよ」

 

 彼女のいかにもMっ気のあることばに、俺のレイプ願望に火がついた。欲望のまま、彼女の服を引きはがし、髪の毛を鷲づかみにした。

 

 続けて、手すりに素っ裸の彼女の手を付かせ、立ちバックの体勢でイチモツをぶち込む。オラオラ、どこに出して欲しいんだ!

 

「どこでも……あふ、ああっ!」

 

 晴れ渡る空、流れる白い雲、界隈に切なげなアエギ声が響き渡る中、俺は激しく膣の奥を突いた。これこれ、これがやりたかったんだよ!

 

 抜き差しして5分、腰がアツクなってきところで、たまらずチンポを引き抜き、彼女の左の頬に少々薄い汁をブチ撒ける(気が変わって顔射にした)。

 

 ふーー。射精の後は、興奮で指一本動かない。100点差し上げます。
 

  
 少々値段は高いが、手厚いサービスに加えて、変態願望も叶えられる。皆さんも、冬のボーナスで遊びに行ってみては?

 

 

モアグループ
人気ランキング
最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス