ピックアップ
伝説の15Pおじいちゃん!14人の前で延々オナニーし続けた、オナ見プレイの最高峰
2015.11.20

老人と畑

3P4Pどころか、ナンPでもOKのお店に勤務

 私は、五反田最大級と言われる風俗チェーンの一つで働くホテヘル嬢です。

 

 3カ月前、この店で働こうと面接を受けたとき、フーゾク未経験の私はいきなり腰を抜かしました。ナンとこの店、客の希望があれば、3P4Pどころか、何PでもOKだというのです。

 

 何でも、数年前に期間限定で3P祭をやったところ、異常な大反響で客が殺到したため、3Pコースを常設。さらにエスカレートして、とうとう無制限になったのだとか。

 

「だから、初めて会った女の子との共同プレイに抵抗があると採用出来ないんだけど、キミはどうかな?」

 

 私はむしろ、密室で知らない男と二人っきりになる方が怖かったので、大勢でのプレイは抵抗どころか安心。同性に裸を見られるのは恥ずかしいけど、立場は向こうも同じです。その場で 彩香 の源氏名をもらい入店することになりました。

 

 初日から早速、3P4Pの客に付き、先輩の指示に従いながら参加しました。

 

 複数プレイでは、必ず経験の長いベテラン嬢と、中堅嬢、そして私のような未経験の新人嬢がバランスよくミックスされるのが特徴です。実践形式で仕事を覚えられる、一番効率のいい研修方法らしいのですが、実際その通り。

 

 

「私が乳首を舐めたら、彩香ちゃんも反対側の乳首を同時に舐めるの」
「フェラのタイミングは私が計るから、始めたら同時にWフェラよ」
「今回は4Pだから逆三角形ポジションね。乳首2人と、フェラ1人で、私が動いたら時計回りにポジション移動ね!」

 

 などなど、流れを仕切ってくれるので、自分で頭を使う必要がなく、ある意味楽チン。

 

 5P6P、ときには8PというAV顔負けのスゴイ客も日常茶飯事で、そのうち私もすっかりハーレム・プレイに慣れてしまいました。

 

 ちなみにプレイ料金は女の子1人につき1万5千円なので、8人呼べば余裕の10万オーバー。頑張っても射精3回が目いっぱいなのに、世の中意外とお金持ちっているものなんです。

 

全員同時にエレベータに乗ることもできず

 

 そんなある日、ベテラン嬢全員が口を揃えて「店の歴史上、複数プレイの新記録じゃない!?」と仰天する事件が起きました。

 

 その日、店に出勤すると、待機室が慌しく殺気だっていました。他のグループ店からも見慣れない女の子たちが大勢押し寄せ、ギュウギュウ詰め状態。店長が顔を上気させながら言います。

 

「おう、彩香! 間に合った。君も参加してもらうぞ!」 
「はぁ?」
「15Pのオーダーが来てるんだ、15P!」
「じゅ、15?」
「ニ、シ、ロク…よし、これで14人揃ったな! じゃ、よろしくぅ!」

 

 大名行列のごとく、リーダー嬢を先頭に14人でホテルへ入る様は異様な雰囲気でした。フロントのおばちゃんもさすがに仰天。当然、全員同時にエレベータに乗ることもできません。

 

「失礼しまーす」

 

 部屋に入ると、待っていたのはナンと70近くのおじいちゃんでした。じいちゃんは全員を招き入れると、裸でベッドの上に正座し一声。

 

「挨拶!」

 

 いきなり怒鳴られ、さすがに全員タジタジです。

 

「こ、こんばんは! よろしくお願いします」
「皆、よう来た! 裸になって、ベッドの周りを囲むように座れ!」
「み、みんな! ベッドの周りにバランスよく座って」

 

 リーダーの指示で、全員おずおずと服を脱ぎベッドを囲みます。枕側には座れないので、上から見るとUの字のような形です。なんて異様な光景でしょう。

 

「正座じゃ、正座! 正座せえ! 座れ言われたら正座が常識やろが!」

 

  慌てて全員で座り直し、リーダーが希望プレイの流れをおじいちゃんに聞きます。

 

「きょ、今日はどんなプレイを…」
「バッカも〜ん!! プレイはすでに始まっとる!」

 

 そう言うとおじいちゃんは一人でオナニーを始めたではありませんか。しかも、古い雑誌の、昔のアイドルのヌード写真を見ながら…。私たち14人には、目もくれずに…。

 

「あ、あのぅ、お客様…、何か私たちに…」
「黙っておれ! しゃべるな!……おっ、お〜〜ぅぅ」

 

 そのまま、延々と一人オナニー独演会が続きました。私たちが正座姿で互いの顔を見合わせるうちに、おじいちゃんは無事発射。こうして奇妙奇天烈な時間は終了しました。

 

「いやぁ〜、ご苦労じゃった! みな、とても良かったぞ! コレを取っておけ!」

 

 満面の笑みで1万円ずつ全員に配ると、

 

「帰ってヨシ!」

 

 ビリビリに痺れきった足を引きずりつつ、ナンとも腑に落ちない妙な感覚のまま14人は大名行列で店に戻ったのでした。おじいちゃんの使ったお金は、なんと35万円!しかもサービスはオナ見だけ!間違いなく伝説です。

 

 

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス