スポット
スポーツジムは不倫の宝庫というけれど、いったいどう近づくのだ?
2015.10.21

ランニングマシンヘッドホン

 スポーツジムは人妻と知り合うチャンス!なんて話を耳にするが、いざ通ったところでそんなチャンスなどまずない。いつどこで話しかけるというのだ。アカの他人に「お疲れ様~」なんて言われても女は引くだけのことだ。と、ジム通い5年になる私は信じきっていたのだが、昨年とある手法を発見し、なかなかの成績をあげている。

 

 ジムで自然に話しかけられる場は一カ所のみ。プログラム表の前だ。何時からエアロビだの、ヨガだのと書かれたあの表には、頻繁に人が寄ってくる。そこで、軽く案じるような素振りで話しかける。

「次の中級ステップってどんなのですか?」

 

 この自然さたるや! ナンパ臭ゼロ! だから誰もがわかる範囲のことで答えてくれるものだ。そしてこう続ける。

「出ます?」
「いえ、私は…」
「そうですか。じゃあボク行ってみよっかな」
「はーい、頑張ってください」

 この程度、まさにこの程度の会話を交わしておくだけで、次回以降はごくごく自然におしゃべりできるものだ。「あ、この前のキツかったっすよ」というふうに。

 

 多くの人妻たちと、このようなゆるーい知り合い関係になっておくと、帰りにお茶をするタイミングも自ずと出てくる。そこからセックスまではまた別の話だが、とにかくジムでの出会い方に悩んでる方はどうぞ参考に。

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス