テクニック
生活保護を複数箇所からもらっている連中がいる
2015.9.30

 アパート 複数の自治体から生活保護を不正に受給している者がいる。

 

 そもそも生活保護は住民票のある自治体でしかもらえないはずなのに、なぜそんなことが可能なのか。

 

 申請の際、こう申し出るからだ。

 

「夫からDVを受けて逃げてきた。アパートは借りたけど、親族には連絡しないで欲しい」

 

 この理由があれば、住民票のない地でも生活保護を受けられるのだ。

 

 審査過程でのケースワーカーの自宅訪問は、近辺の不動産屋で空き部屋を内見したいと言ってカギをあずかり、そこで対応する。「まだ荷物を運んでないので殺風景ですけど」と。

 

 これを同時に他の自治体で行えば、受給日には一気に数十〜百万単位のカネが振り込まれるのだ。

 

 我々の税金がこんな輩に悪用されてるだなんて、自治体のチェックが甘いと言うしかない。

 

 

人気ランキング
最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス