アンダーグラウンド
凶悪な強盗が 「金を出せ!」と叫ばない理由は?
2015.9.30

 フルフェイス 近ごろ、ムダに知恵の回る犯罪者が増えている。

 

 人気のない夜の路上で通行人から金を奪う際、ヤツらは凶器を相手に突きつけて「金出せコラ、殺すぞ!」と脅しまくる昔ながらの方法はとらない。代わりに、フルフェイスのヘルメットで顔を隠し、金属バットの先で地面をコンコンと軽く叩きなら、無言で<金を寄こせ>のジェスチャーをするだけだ。

 

 逮捕された際、容疑が強盗ではなく、格下の恐喝になるからだ。

 

 両者の違いは、脅迫の強弱で決まる。金属バットを振りかざして相手を殴ったり、「金出せコラ」と大声で凄んだりすれば強盗になるのに対して、無言でバットを地面に打ちつけるレベルは、ギリギリ恐喝に認定されるのだ(ただし、所持する道具がバットではなく、刃物だった場合は問答無用で強盗扱いになる)。

 

 裁判で有罪になれば、執行猶予ナシの懲役刑が確定する強盗と、執行猶予アリの恐喝。そんな先のことまで連中は計算しているのだ。

人気ランキング
最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス