テクニック
アニソン好き女に言葉責めをさせていつしかイチャつきに
2015.9.28

 熱唱 たとえば出会い系の「食事やカラオケに連れてってくれる人」の募集。たとえば出会いカフェの茶メシ女。この種の非エロ付き合いでお小遣いを求めるヤツらには一定数、『アニソン好き』オタク女が混じっている。というか最近は結構な高確率でその手のヤツにあたる。

 

 そんな子たちとはお望みどおりカラオケで遊ぶのがいい。そしてひとまず、思うがままにアニソンを唄わせる。ノリノリで声優の声マネをしながら唄うのに付き合ってやるわけだ。

 

 ではそこからどうエロい関係に持ち込んでいくか。オレはその趣味の延長として徐々にエロ行為に持っていく作戦を取っている。

 

 1時間ほど声優アニソンを歌わせたところでギャグっぽく「うわー、その声いいわ〜。言葉責めとかされたらすげーボッキしそう」とジャブを入れる。そこからしばらくしてちょっと実際やってみてよ、と言うわけだ。

 

 「すごい立ってるよぉ〜」的なセリフを言わせまくり、ボッキさせたチンコを触りつつもう一声。

 

「チョー興奮する。ちょっと触りながらやってみてよ」

 

 自分でズボンを脱ぎ、女の手を持ってこさせる。そこまで行けばその先もたやすい。

 

 もちろん拒む子もいるにはいるけど、その場合は大人しく引いて、連絡先交換をして後日また同じようにカラオケで遊び、同様に「その声で責めてよ」のお願いを繰り返すのみだ。

 

 これによって「この人とカラオケ行ったら声優エロ遊びをするんだ」との認識ができるのだろう。次第にカネを払わずにカラオケでいちゃつく友達になっていく。

人気ランキング
最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス