アンダーグラウンド
日本中を席巻する “追い出し盗”のワル手口
2015.9.25

 病室 ここ数年、新手の手口を用いた窃盗事件が相次いでいる。

 

 狙われるのは、日中、家にひとりでいる高齢者や主婦などで、盗人はこんな風に近づいてくる。

 

「すいませーん。お宅の庭にタオルが飛んじゃったんで、取ってもらえませんか?」

 

 そして、家人が「ありゃまあ」と庭に回ったスキに居間に上がり込み、現金や財布を素早くくすねてドロンするわけだ。

 

 この手口、ウソの口実で住人を家の外に追い出すことから、『追い出し盗』と呼ばれているのだが、その被害は民家の他、病院などでも多発している。その場合の流れはこうだ。

 

 あらかじめ病室(特に個室)の名札で入院患者の名前をチェックしてから、知り合いを装って病院に電話をかける。

 

「401号室の○○さんをお願いします」

 

 ○○さんが個室を離れナーステーションの電話に出たところで、今度は病院関係者になりすましてこう言う。

 

「宅配の荷物が届いてますので、受付まで取りにきてください」

 

 こうして部屋から十分に引き離してから、中に入って貴重品を奪うという悪質さだ。

人気ランキング
最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス