テクニック
ライブチャット嬢に会いたければ脱がそうとしてはいけない
2015.9.16

 若葉マーク ライブチャットは、およそ1分100円と料金は高めだし、カメラの向こうの女の子たちは、1分40円程度のお金をもらうアルバイト嬢です。彼女たちを口説き、実際に会ってセフレにするのは簡単じゃないけど、多少のお金とコツがあれば、意外とすんなり成功するんです。

 

 まず前提となるのは、ライブチャットの利用客のほとんどが、女の子をカメラの前で脱がすことを目的にしているということ。1分100円もの料金がかかるので、客たちは必死なんです。

 

「今日初めてなんだけど、みんなどんな会話してるの?」

 

 なんて女の子に聞いてみればわかるけど、どうにか頼み込んで服を脱がし、下着をめくってオッパイを触れだの、バイブを使ってオナニーしてみせろだのと急かしてくるのがほとんど。自分の勃起したチンポを見せようとしてくる変態もいるみたいです。そして最後はお決まりのように、ラインやメアドの番号を聞き出し、外で会おうよと頼み込んでくる。

 

 そこはこちらも同じ目的なんだけど、最初から焦ってそんなこと頼んだって、教えてくれるわけがないし、会えるわけがありません。

 

 だからあえて、普通の女の子として接してあげる。これが効果的なんです。

 

 具体的な方法としては、まず女の子はNEWマークの付いた新人の子を選ぶこと。

 

 自分のキャラは、外で初対面の女性と話をするときのように、敬語を使った丁寧な口調を心がける。これだけで女の子は「ちゃんとした人がいるなんてビックリです」とか「こんな人もいるんですね〜」などと驚いてくれます。

 

 デザインやITなど、イメージがオシャレっぽい仕事にしておいて、インテリアの好みやオススメのカフェやレストランの話をしていけば、食い付きはかなりいいです。僕の場合、ネットで調べたオシャレなカフェのURLは常にストックしていますから。

 

 ただし会話するとお金がどんどん減っていくので、1人の女の子に対して、30分程度の会話を週に2回と決めています。1回で長時間話すより、小さく刻んだ方が印象が残って効果的なので。目的はラインIDの交換ですが、相手が教えてくれるかどうかは、ファーストコンタクトから2〜3週間程度を目安に確認した方がいいと思います。

 

「連絡先聞いてくる男いない?」と尋ねてみて、「絶対ムリ!」などど言われても「俺が聞いたらどうする?」と探りを入れる。キッパリ断られたらあきらめた方がいい。

 

 連絡先を交換できたら、会うのは簡単です。エロ系の仕事をしてるだけに、下ネタへの誘導はすぐだし、最初からセックスの可能性を考えて会ってくれるので、下手な駆け引きは必要ありません。ちなみに成功率は、僕の場合で、10人とチャットして、1人か2人と会える程度です。皆さんの健闘を祈ります。(東京・40才)

モアグループ
人気ランキング
最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス