テクニック
ラインをブロックされても確実に罵詈雑言を伝える方法
2015.11.25

LINE_icon_Black  例えば、援交女とラインでやり取りしながら、ゴム付きホ別2万の条件でホテルに行き、いざ金を払ってプレイしてみたら時短のマグロ女だった、てなことがあったとしよう。
 後ほどラインで文句を送ってみても、おそらく既読にすらならない。ブロックされているからだ。
 そんな場面で役に立つのが、このテクニックだ。
 ラインは相手にブロックされると、一切メッセージは送れなくなるが、グループの招待メッセージだけは送れてしまうのだ。
 そこでグループを作り、グループ名(20文字以内)にこちらの言いたい文句を書き連ね、その女に招待を出す。
「クソヤリマン!お前のマンコ臭えんだよ!」(19文字)
「ブタのクセして調子こいてんじゃねえぞ!」(19文字)
相手のスマホには「拒否」か「参加」のボタンを押すまでグループ招待通知が表示され続けるわけだ。
招待メールは何度でも送れるので、気が済むまで招待してやればいい。

 

 

本稿は裏モノJAPAN2015年12月号に掲載された記事をWeb版に再編集したものです。

続きをご覧になりたい方はアマゾンKindle版での購読をよろしくお願いします

裏モノJAPAN201512

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス