アンダーグラウンド
『外48**』のナンバー車が地方の港を走っている理由
2015.10.7

港のコンテナ 『動く治外法権』と呼ばれているのが、青色ナンバー=外交官ナンバーの車だ。あの車には日本の法律が適用されず、検問に駆りだされた警官はなんの手出しもできない。

 

 そのため、その筋の人たちが大規模なシャブ取引をするときには、偽造の外交官ナンバーが使われている。たとえば港で水揚げされた大量のブツを町へ運ぶときなどだ。

 

 ニセ外ナンバーには『外48●●(48以降は適当)』がよく使われている。48は韓国をあらわす数字なので、運転手が日本人でも不自然でないためである。

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス